COA主催・関係イベントのインフォメーション
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
宮川奈々 リサイタル in サロン・デュオ

 宮川奈々 リサイタル in サロンデュオ
  5月17日(金)19:00開演/サロンデュオ


出演
ヴァイオリン:宮川奈々 Nana Miyagawa
ピアノ:三又瑛子 Akiko Mimata

プログラム
バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ  第1番ロ短調
モーツアルト/ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調
ベートーヴェン/ロマンス第1番 ト長調 
プーランク/ヴァイオリンソナタ
ヴィエニアフスキ/グノー「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲

チケット
1,500円 (自由席:35席)
チケットのご予約お問合せ●コンサートオフィスアルテ
コンサートホール 「サロン・デュオ」ドルミ御苑ビル 401号室
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 第1ドルミ御苑ビル 401号室
ホームページ:
http://coalte.jugem.jp/
TEL:03(3352)7310 FAX:03(3352)1665 Mail:info@musicalte.com

 

ヴァイオリン:宮川 奈々
5歳よりヴァイオリンを始める。
2006年、北九州芸術祭にて教育委員会賞受賞。2008年、第62回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第3位。
2009年、第63回同コンクール全国大会高校の部第3位。2010年プロジェクトQ第7章出演。桐朋女子高等学校音楽科卒業演奏会に出演。フレッシュアーティスツfromヨコスカにてリサイタルを開催。
2011・2012年、第80・81回日本音楽コンクール入選。
これまでに、松本尚三、板垣登喜雄、篠崎永育の各氏に師事。
現在、桐朋学園大学音楽部門4年在学中。堀正文、景山誠治の両氏に師事。
 
ピアノ:三又瑛子 Akiko Mimata
仙台市出身。4才よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。
'05、'07年、田崎悦子氏主催ピアノワークショップ「Joy of Music in 八ヶ岳」受講。
これまでに、ピアノを庄司美知子、加藤伸佳、田崎悦子、室内楽を加藤知子、徳永二男、東京クヮルテットの各氏に師事。

22:33 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
Lei Iwazumi(岩住 励)リサイタル & マスターコース
Ray Iwazumi (岩住 励) 
マスタークラス&ヴァイオリン・リサイタル

前回大変好評のIwazumi先生のマスタークラスの第2回
前日にサロンでリサイタルもお聴きいただけます

【ヴァイオリンリサイタル】
2013年6月1日 (土) 15:00開演
サロン・デュオ(代々木駅より徒歩3分)
ピアノ/碓井俊樹
曲目/ 未定
チケット/一般3,000円、学生2000円、講習生1000円
      (お席に限りがありますので、お急ぎください)

【マスタークラス】

〜聴講は14:20より可能です〜
2013年6月2日(日)
サロン・デュオ(代々木駅より徒歩3分)
タイムスケジュール
10:00〜10:50  10:55〜11:45  11:50〜12:40
〜休憩 45分〜
13:25〜14:15  14:20〜15:10  15:15〜16:05
〜休憩 20分〜
16:25〜17:15  17:20〜18:10

応募資格: ヴァイオリンのみ。原則小学校4年生以上〜プロの演奏家を目指し受講に相応しい能力があると認められる方。
受講料: 1レッスン¥25,000 (50分・税込・事前お振込み、1人2日間で2レッスンまで)        
  *個人レッスン (レッスン会場使用料が含まれています。)
  *キャンセル料: ¥10,000 ただし前日からのキャンセル料は受講料全額とさせていただきます。
  *聴講料: 1日分 ¥1,000 (受講生と付き添いの方おひとり様は聴講無料)
(レッスンは聴講を目的とした公開となります。また、当日、受講生の曲目スケジュール表が掲示されます。ご了承ください。)

  
♪ スムーズに進行させるために、受講生の方は各自レッスン開始時刻10分前にはお越し下さい。
♪ 練習場所: サロン・デュオには練習場所はございません。各自でご手配ください。
♪ 宿泊施設: 受講生は各自で宿泊先のご手配をお願いいたします。
*最寄りのホテルは新宿パークホテル(徒歩3分) TEL 03−3356−0241
♪ お申し込み: 師事している先生とご相談の上、申込書に顔写真を貼付し必要事項をご記入していただき下記までご郵送ください。
宛先:株式会社 コンサートオフィスアルテ  〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7-401

お申込締切: 2013年5月22日(水)必着
お振込み締り:2013年5月24日(金) 
*予約確定後、受講証を郵送にて送付、さらにメールにて確認させて頂きます。 
*受講証が届き次第、お振込みして頂きます。24日までに入金確認出来ない場合はキャンセル扱いとなります。ご注意ください。

* 定員に達し次第応募を締め切らせてただきますので、お早めにお申し込みください。
また、ご希望の時間に添えない場合もございますので、ご了承ください。(その場合個別に相談させていただく場合がございます。)

※問い合わせ先/ 株式会社コンサートオフィスアルテ
           TEL 03-3352-7310 FAX 03-3352-1665
            
office@musicalte.com


岩住 励 Ray Iwazumi ヴァイオリン
アメリカ、ヨーロッパ、と日本を中心に活動し、NYのリンカーン・センターで数々のソロや室内楽のコンサートを開き、Focus! や Beyond the Machine 音楽祭では演奏家及び作曲家として活躍。ブリュッセルではパレ・デ・ボザールや王立図書館、王立音楽院等で演奏し、日本ではNHK-FM、東京のオペラシティやJTアートホールでリサイタルを開き、絶賛された。
一方で音楽学にも造詣深く、イザイのソロ・ソナタについての独自の研究は英語と日本語での講演及び The Strad や「ストリング」で掲載された記事などを通して多くの注目を集めた。2008年ブリュッセルのベルギー王立図書館で開かれたイザイ 150周年記念展ではリサーチと演奏(ライブコンサートと録音)が現代のヴァイオリニスト、そして外国人研究者として唯一採用された。現在はジュリアード学院のイザイ関連の資料、ルイス・パーシンガー・スペシャル・コレクションとヴィオラ・ミッチェル・スペシャル・コレクションの原稿分析、カタログ、リサーチなども行っている。教育者としてもジュリアード学院やブリュッセル王立音楽院で公式の講演やマスタークラスを行い、現在はジュリアード学院のヴァイオリン・セミナーの教師を務めている。
また、音楽学の知識とリサーチ力を生かし、NYの Judith Finell MusicServices 社で多方面での音楽コンサルタントとして活躍している。
NYのジュリアード学院でドロシー・ディレイとカン・ヒョー、ブリュッセル王立音楽院でイーゴリ・オイストラフに師事。ジュリアードでは博士課程とブリュッセル王立音楽院ではベルギーの修士課程を両校において首席で卒業。  
ホームページ:http://www.rayiwazumi.com 

17:14 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
岡本 誠司 ヴァイオリンリサイタル in サロン・デュオ Vol.2

 

 岡本 誠司 ヴァイオリンリサイタル in サロン・デュオ Vol.2
 
  2013年1月6日(日)15:00 開演 (14:30 開場)
  コンサートホール 「サロン・デュオ」(東京 代々木)

 プログラム
ドヴォルザーク/4つのロマンティックな小品 作品75
チャイコフスキー/ 懐かしい土地の思い出 作品42
リヒャルト・シュトラウス/ ヴァイオリンソナタ 変ホ長調 作品18
サラサーテ/ ツィゴイネルヴァイゼン 作品20

※ 曲目は変更になる場合がございます。

 チケット
当日券のみ 一般¥2,500学生¥1,500
ご予約お問合せ● email :
tomonho@gmail.com (岡本)

 出演
ヴァイオリン:岡本誠司
(Seiji Okamoto)
1994年 千葉県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。
2006年 第60回全日本学生音楽コンクール小学校の部、東京大会第1位、全国大会第1位。
2007年 AADGTの招聘により、ニューヨークのマーキンホールにて演奏。
2009年 カネッティ国際ヴァイオリンコンクール2009にて最年少第2位。併せて特別賞を受賞。
クロアチアのリエカ市の招きで リエカ市立管弦楽団とモーツァルトの協奏曲第4番を共演。
2010年 長野県上田市の中澤ホールと東京都中央区の王子ホールにて、初リサイタルを開催。宗次ホールディナータイム名曲コンサートに出演。
2011年 第3回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールにて4位入賞。
第3回NAGANO国際音楽祭ヴァイオリンコンクール 一般の部にて第1位受賞。

2012年 3月11日に東日本大震災津波岩手県・陸前高田市合同追悼式にて追悼演奏をする。みのもんたの朝ズバッ!にて流木のヴァイオリンを生演奏する。
北京にて名器17台のデモンストレーション用音源の録音を行う。
第24回東京芸術大学附属音楽高校 定期演奏会にてコンサートマスターを務める。また、さまざまなコンサートにも出演している。

これまでに富川歓、中澤きみ子、ジェラール・プーレの各氏に師事。
現在、東京藝術大学附属音楽高校第3学年在学中、澤和樹氏に師事している。

NPO法人イエローエンジェルより貸与されている1827年製のJ.F.Pressendaを使用。


ピアノ:碓井 俊樹(Toshiki Usui)
東京芸術大学付属音楽高等学校を経て同大学卒業。
ザルツブルク・モーツァルテゥム芸術大学にて引き続き研讃を積む。カントゥ国際コンクール優勝、ヴィオッティ国際コンクール特別賞、オランダ・ミュージック・セッションにてドネムス演奏賞など数多くの賞を受賞する。
2008年3月よりリサイタル「アクロス・ザ・ワールド」を開始、欧州・アメリカ・中東等を回るワールドツアーなど行っているほか、各国で開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コンクールの審査員を務めるなど多方面にて精力的に活動している。
2011年はアメリカ・欧州・中東などで演奏している。また同年銀座王子ホールでヴァイオリン界の巨匠ピエール・アモイヤルと共演している。
現在、東京とウィーンを拠点に活動している。

 

21:28 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
ジェラール・プーレ●菅野博文●川島余里 トリオコンサート
コンサート in サロンデュオ
サロンで聴く、上質な音楽をお楽しみください
奏者の息遣いまで感じられます

チケットお問い合わせ/コンサートオフィスアルテ:03-3352-7310
                 川島:080-3082-7798
 
23:48 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
ジウォン・ファン ヴァイオリンリサイタル

 ジウォン・ファン ヴァイオリンリサイタル
               in サロン・デュオ


9月7日(金)19:00 開演(18:30 開場)
コンサートホール 「サロン・デュオ」

プログラム
ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ No.2
ベートーヴェン/ロマンス第2番 ヘ長調
シャンドール・ソコライ/
 ’ファンタジア’無伴奏ソロ 作品141
ブラームス/
 ヴァイオリンソナタNo.3 ニ短調 作品108

※ 曲目は変更になる場合がございます。

 チケット: 一般¥3,000

問い合わせ、ご予約 /株式会社コンサートオフィスアルテ
                 tel: 03-3352-7310
                 eーmail:office@musicalte.com

 出演者
ヴァイオリン:Hwang Jiwon
バイオリニスト、ジウォン・ファンは、プサン芸術高等学校を卒業し、その後ソウル国立音楽大学、デュッセルドルフのロベルト・シューマン音楽大学を
卒業した。
音楽経歴は、ハイフェッツの最後の弟子のうちの1人として知られているルドルフコールマン教授の元で評価を挙げ、ザルツブルグ・モーツァルテウム
・フェスティバル、ワイマール音楽祭、フランスのFlaine音楽祭などで活躍、スイス、ローザンヌ・デュオ・フェスティバルに招聘され、世界中の音楽家か
ら注目を引く事となった。韓国へ戻り、さっそく4つのソロコンサート、題してジウォン・ファン主題コンサートを開催した。コンチェルトでは、プサンシンフォニーオーケストラ、ウクライナのグリンカ・フィルハーモニー・オーケストラ、ウルサンシンフォニーオーケストラと協演した。
また彼女はプサン音楽祭をはじめ、MBC木曜クラシックコンサート、カトリックセンター火曜クラシックコンサートに招待された。
現在彼女はプサンシンフォニエッタ、プサンシンフォニーオーケストラで主席を務めている。さらに、プサン大学、慶星大学校、プサン芸術高等学校など
で教鞭をとっている。これまでにOh Choong Guen, Kim Young Hee, Pi Ho Young, Ahn Dong Ho, Kim Yi Jung, Rudolf Koelman各氏に師事。
 
ピアノ:山形 明朗
東京芸術大学教育学部芸術課程音楽科卒業。東京芸術大学大学院音楽研究科ピアノ専攻修了。
第12回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第一位、同時に特別賞受賞。
石川ミュージックアカデミー、ポーランド・ビヤウィストックサマーアカデミー、ドイツ・デトモルトへ遊学など研鑽を積む。
現在はソリストとしてだけでなく、声楽、弦、管楽器のパートナーとしてリサイタル・ジョイントコンサートなど、各地でアンサンブル・ピアニストとしての活動に情熱を注いでいる。
これまでにピアノを今井正代、植木純、石橋史生、川崎操、植田克己、村方千之、室内楽をパウル・マイゼン、山崎伸子の各氏に師事。

11:36 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
スンビン・ファン&ジンスン・リー デュオリサイタル

スンビン・ファン&ジンスン・リー
  デュオ・リサイタル
in サロン・デュオ

9月6日(木)19:00 開演(18:30 開場)
コンサートホール 「サロン・デュオ」


プログラム
ルクレール/ヴァイオリンソナタ No.3 作品9
ドビュッシー/ヴァイオリンソナタ
フォーレ/ヴァイオリンソナタ 作品13
※ 曲目は変更になる場合がございます。

 チケット: 一般¥3,000

 問い合わせ、ご予約 /
  株式会社コンサートオフィスアルテ
        tel: 03-3352-7310
        eーmail:office@musicalte.com

出演者
ヴァイオリン:Soon-Bin Hwang
ヴァイオリニストスンビン・ファンは、アジア、ヨーロッパとアメリカ合衆国で広く演奏会を開いています。
彼女はヤナーチェク交響楽団のソリストとしてチェコのヤナーチェク交響楽団、ブルガリアのソフィア交響楽団、ニューヨークのマーキン・コンサート・ホールにてUreuk交響楽団と、ソウル・アーツセンターでソウル室内管弦楽団、Sungnamアーツセンターでパリ室内管弦楽団と協演した。
また2007年、Sejong Chamber Hallで開かれた単独のリサイタルはKBSのFMラジオでライブ放送された。
夏の間に、スンビン・ファンはカナダのAlgonquin音楽祭をはじめドイツのMattheiser Sommer-Akademie Bad SobernheimやWeimarer Meister Kurseなど、多くの音楽祭に招かれた。
彼女はまた五嶋みどり、ザッハー・ブロン、Igor Ozim, Yfrah Neaman, Thomas Brandis, James Buswell, Victor Dancenko, Dmitry Sitkovetskyなどのような優秀なアーティストと共にマスタークラスを行った。
生まれはソウル(韓国)で6歳からヴァイオリンを始めた。
ソウル国立大学から栄誉ある学士号を授与された後に、マンハッタン音楽学校でピーター・ウィノグラードに教えを受けるため、アメリカへ渡った。
 その後、彼女はドイツへ移り、デュッセルドルフのローベルト・シューマン音楽大学のAndreas Krecherの生徒として勉強した。
彼女は、最優秀の成績で、修士号とマスターを得た。
現在は、ソウル(韓国)のEwha女子音楽大学で教鞭をとり、 また一方では第一弦楽四重奏団、Hyang-Eumアンサンブル、ソウル市室内楽団のメンバーとして活躍している。
 
ピアノ:Jinsung Lee 
ジンスン・リーは韓国プサンで生まれ育った。彼女はプサン芸術高等学校を首席で卒業し、ソウル国立大学から学士号を、またドイツデュッセルドルフのロベルト=シューマン大学院、およびドイツのデトモルド音楽大学院からは修士号を得た。
彼女を教えた教師の中には、Pascal Devoyon, Pavel Gililov, Leonard Hokanson, Ellen Mack, Mikael Rudy, Boris Slutzky, Boguslaw J.Strobel, Bernard Roberts, Anatol Ugorskiの名が連なっている。彼女は韓国の慶星大学校とインジェ大学で教えている。
ジンスン・リーは7歳の時にプサン市民ホールにてデビューし、その年にはDonghwa新聞が後援するピアノコンクールで特別賞を獲得している。この後彼女は韓国ヘラルド新聞が主催するハンコック・イルボコンクールなど数々のコンクールで受賞者となり、デトモルド、Dusseldorf, Geldern, Goch, Kaarst, Kleve, Koln を始めドイツ国内のいたるところで韓国のソウル、プサン同様にリサイタルが開かれた。参加したフェスティバルはロンドン・ピアノフェスティバル、カナダのAlgonquin音楽祭、ローザンヌのヴァイオリンとピアノのためのデュオ・フェスとバル、ニース・サマー音楽祭など。
ジンスン・リーは、彼女の持つ素晴らしい芸術性は、世の中ではすでに認められており、またクラシック音楽をあまり知らない人たちや生徒たちに広めて
いくといったプロジェクトに取り組んでいる。

22:33 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
岡本誠司ヴァイオリンリサイタル

岡本 誠司 ヴァイオリンリサイタル in サロン・デュオ


8月9日(木)19:30 開演(19:00 開場)
コンサートホール 「サロン・デュオ」
           (代々木駅より徒歩4分)


■ プログラム

ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ No.4
Beethoven/Violin Sonata No.4
ブラームス/スケルツォ (FAEソナタより)
Brahms/FAE Sonata III. "Scherzo"
ブラームス/ヴァイオリンソナタNo.3 ニ短調
Brahms/Violin Sonata No.3 in D minor
サン=サーンス/序奏とロンド・カプリチオーソ
SAINT-SAENS/Introduction and Rondo Capriccioso


※ 曲目は変更になる場合がございます。

チケット: 一般¥2,500、学生¥1,500
      (当日券のみ)


ヴァイオリン:岡本 誠司
Seiji Okamoto / VIOLIN

1994年 東京生まれ。
3才より スズキメソードでヴァイオリンを始め、富川歓氏に師事する。
6才より 中澤きみ子氏に師事する。
2006年 第60回全日本学生音楽コンクール小学校の部、東京大会第1位、
全国大会第1位。併せて毎日小学生
新聞社賞、兎束賞、東儀賞、都築音楽賞を受賞。
2007年 AADGTの招聘により、ニューヨークのマーキンホールにて演奏。
クラシック・ヨコハマに出演。
2008年 クロアチアの3ヵ所でハーフリサイタルに出演、国営テレビにも出演。
2009年 第2回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールにて最年少入賞。
カネッティ国際ヴァイオリンコンクール2009にて最年少第2位。
併せて特別賞を受賞。
クロアチアのリエカ市の招きでリエカ市立管弦楽団とモーツァルトの協奏曲
第4番を共演した。
2010年3月、長野県上田市の中澤ホールと東京銀座の王子ホールにて、初リ
サイタルを開催し、満員御礼にて好評を博す。
現在、澤和樹氏に師事。東京藝術大学附属高校在学中。


ピアノ:鈴木 慎崇
Yoshitaka Suzuki / PIANO

札幌市出身。4歳よりピアノ、ソルフェージュを学ぶ。東京藝
術大学音楽学部卒業。三角祥子、北島公彦、角野裕の各氏
に師事。 幼少よりさまざまなコンクールで入賞する。第51回
全日本学生音楽コンクールピアノ部門高校生の部全国大会
第1位。東京藝術大学学内においてアリアドネ・ムジカ賞受賞。
第71回日本音楽コンクールピアノ部門第1位、併せて野村賞、
井口賞、河合賞受賞。各地で受賞者演奏会に出演。新日本
フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団など、さまざまな
オーケストラと共演。
また、リサイタル、FM、CDなどで数多くの演奏家と共演。国
内外の音楽祭、コンクールにおいて公式伴奏者を務めるなど、
伴奏、室内楽にも活動の場をひろげている。
2012年度より、財団法人地域創造公共ホール活性化事業登
録アーティスト「デュオ・レゾネ」として、クラリネット亀井良信
との演奏会が各地で予定されている。
2009年より3年間、東京藝術大学非常勤講師を務めた。
現在、武蔵野音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師として、
後進の指導にあたっている。
 

09:53 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
寺下真理子リサイタル in サロンデュオ vol.2

  寺下真理子リサイタル
        in サロンデュオ
   6月24日(日)18:00開演
   サロンデュオ
   
(代々木駅より徒歩3分)


2回目になる寺下真理子さんのデュオでのリサイタルです。今回はチェロの水野由紀さん、ピアノに入江一雄さんと共演します。


プログラム
モーツァルト/
ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲第1番

チャイコフスキー/
ピアノ三重奏曲
「偉大な芸術家の思い出に」

その他

コンサート終了後、出演者との交流会があります。お気軽にご参加ください。
(終演予定 20:30)


チケット
全席自由席 3,000円(前売り)、3,500円(当日)

チケットお求め、お問い合わせ
mariko.chambermusic.concert@gmail.com
コンサートフィス・アルテ/03-3352-7310

【出演者プロフィール】    
              
下 真理子(ヴァイオリン)
和歌山市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科ヴァイオリン専攻、ブリュッセル王立音楽院修士課程卒業。93年、第1回五嶋みどりレクチャーコンサートに出演。96年、第50回全日本学生音楽コンクール中学生の部、大阪大会第2位受賞。
第8回および第10回、和歌山音楽コンクール第1位、市長賞、県知事賞受賞。97年、第2回宮崎国際音楽祭にて、故アイザック・スターン氏の公開レッスンを受講。
2002年、五嶋みどりデビュー20周年記念コンサートに出演。大阪NHKホールにて五嶋みどり、及川浩治の両氏と共演。また同年、東京国立科学博物館
にてシリーズ「光のコンサート」に出演しソリストとして芸大有志オーケストラと共演。
2004年には第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(ヴァイオリン最高位)受賞し注目を集めた。同年、世田谷美術館、東京庭園美術館にてリサイタルを行う。また、六花亭「期待の若手シリーズ」、東京文化会館主催の「モーニングコンサート」「フレッシュ名曲コンサート」等様々なコンサートに出演。ソリストとして、鈴木織衛、梅田俊明、牧村邦彦と、また東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等と共演。小澤征爾主宰のサイトウキネン室内楽勉強会、別府アルゲリッチ音楽祭に参加。また、カルテット、ピアノトリオなど、室内楽の分野にも精力的に取り組んでいる。08年には東京文化会館にてデビューリサイタルを開催し、好評を博す。これまでに、堀米ゆず子、岡山潔、大谷康子、漆原啓子、田井美千代の各氏に師事。今後の活躍に期待が集まる若手ヴァイオリニストの一人である。
オフィシャル・ブログ 
http://ameblo.jp/mariko-terashita/
オフィシャルサイト http://mariko-terashita.com/


水野由紀(チェロ)
9歳よりチェロを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、現在桐朋学園大学4年在学中。
第7回泉の森チェロコンクール高校生以上の部銀賞。これまでにサントリーホール23周年記念ガラ・コンサート、学内試験優秀者による桐朋学園大学室内楽演奏会、サイトウキネン青少年の為のオペラ、小澤征爾音楽塾オーケストラ、みなとみらいジルヴェスターコンサート、宮崎国際音楽祭、JTアートホール室内楽シリーズ等数々のコンサートに出演。
2011年、ヤマハホール1周年記念イベントとして、三村奈々恵&水野由紀 Special Concert をヤマハホールにて開催。霧島国際音楽祭に奨学生として参加。2012年、飯森範親指揮 山形交響楽団と共演。オクタヴィアレコードよりデビューCDを発売予定。室内楽を徳永二男氏に師事、チェロを堤剛氏に師事。


入江 一雄(ピアノ)
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学・同大学院修士課程を首席で卒業・修了。09年、ベルリンで開催される「YONUG EURO CLASSIC」にて、東京藝大シンフォニーオーケストラにソリストとして参加し、細川俊夫作曲「沈黙の海」を協演。10年、日本ショパン協会主催「ショパン・フェスティバル2010in表参道」のランチタイムコンサートに出演。
11年、河合楽器主催「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」に出演。藝大フィル、日本フィル、東京フィル、セントラル愛知等のオーケストラとの共演や、ピアノトリオを主とした室内
楽にも力を注いでいる。これまでにピアノを栗原ひろみ、國谷尊之、故・竹島悠紀子、ガブリエル・タッキーノ、植田克己の各氏に、室内楽を岡山潔、山本裕康、松本和将の各氏に師事。

21:25 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
くじ引きコンサートって!?
 くじ引きコンサート
   5月30日(水)19:00開演/サロンデュオ

ヴィルトゥオーソ作品の頂点とも言えるパガニーニの24のカプリス
壮絶な生き残りをかけたソリストたちの運命は!?

 出演
ヴァイオリン:伝田正秀、粟津惇、須山暢大、平澤仁
ヴィオラ:三島沙帆
チェロ:伊藤文嗣、平山正三

 プログラム
前半
恐怖のくじ引き合戦(24のカプリスより各自くじを引いて演奏)

後半
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第4番 1楽章
ボロディン/弦楽四重奏曲第2番 1楽章
ドボルザーク/弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」第1楽章
クライスラー/弦楽四重奏曲 第2楽章
シューベルト/弦楽五重奏曲 第1楽章

 チケット
500円

 お問い合わせ
コンサートオフィスアルテ 03-3352-7310、eーmail:office@musicalte.com
14:30 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
寺下真理子リサイタル in サロン・デュオ

 寺下真理子リサイタル
  2012年3月10日(土)18:00開演
  コンサートホール「サロン・デュオ」
  
 (代々木駅より徒歩3分)



サロンならではの雰囲気、空間の中で、
若手ヴァイオリニストの熱い音楽を
お伝えします


プログラム
ベートーヴェン/
ヴァイオリンソナタ第3番 変ホ長調作品12-3
ブラームス/
ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調作品100 他



出演
ヴァイオリン/寺下真理子
和歌山市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科ヴァイオリン専攻、ブリュッセル王立音楽院修士課程卒業。93年、第1回五嶋みどりレクチャーコンサートに出演。96年、第50回全日本学生音楽コンクール中学生の部、大阪大会第2位受賞。
第8回および第10回、和歌山音楽コンクール第1位、市長賞、県知事賞受賞。97年、第2回宮崎国際音楽祭にて、故アイザック・スターン氏の公開レッスンを受講。
2002年、五嶋みどりデビュー20周年記念コンサートに出演。大阪NHKホールにて五嶋みどり、及川浩治の両氏と共演。また同年、東京国立科学博物館にてシリーズ「光のコンサート」に出演しソリストとして芸大有志オーケストラと共演。
2004年には第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(ヴァイオリン最高位)受賞し注目を集めた。同年、世田谷美術館、東京庭園美術館にてリサイタルを行う。また、六花亭「期待の若手シリーズ」、東京文化会館主催の「モーニングコンサート」「フレッシュ名曲コンサート」等様々なコンサートに出演。
ソリストとして、鈴木織衛、梅田俊明、牧村邦彦と、また東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等と共演。小澤征爾主宰のサイトウキネン室内楽勉強会、別府アルゲリッチ音楽祭に参加。また、カルテット、ピアノトリオなど、室内楽の分野にも精力的に取り組んでいる。08年には東京文化会館にてデビューリサイタルを開催し、好評を博す。これまでに、堀米ゆず子、岡山潔、大谷康子、漆原啓子、田井美千代の各氏に師事。今後の活躍に期待が集まる若手ヴァイオリニストの一人である。

オフィシャル・ブログ http://ameblo.jp/mariko-terashita/
オフィシャルサイト http://mariko-terashita.com/Mariko Terashita : Violin

ピアノ/和田 紘平
千葉県出身。3歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部卒業・同大学院修了。2008年〜2009年、ウィーン国立音楽演劇大学に交換留学生として留学。1993年、第2回ちば音楽コンクール最優秀賞受賞。2002年、東京文化会館新進音楽家オーディション室内楽部門合格・同デビューコンサートに出演。2003年、第4回かずさアカデミ
ア音楽コンクール入選。2005年、東京藝術大学卒業時に同声会新人賞を受賞。
これまでに藝大オーケストラ、ベルリン交響楽団と共演。国立音楽大学大学院博士後期課程を経て、現在は同大学大学院研究生として研鑽を積む一方で、ピアニスト、室内楽ピアニスト、音楽研究者として幅広く活動している。
これまでに、ピアノを重松正大、安井耕一、今井顕、花岡千春、故エドソン・エリアス、マーティン・ヒューズの各氏に師事、音楽学を藤本一子氏に師事。日本女子大学非常勤助手。

チケット
全席自由:2,500円

チケットお求め・お問い合わせ
 mariko.chambermusic.concert@gmail.com

協力:コンサートオフィスアルテ 03-3352-7310

09:00 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PROFILE
アルテ・ニュース
【Twitter はじめました】
コンサート&アーティスト&マスターコースなど、リアルタイムでも情報をお伝えします
@coa_info
フォローお待ちしています!
 



【書籍のご紹介】
 

いのちのヴァイオリン
〜森からの贈り物〜

中澤宗幸著 ポプラ社
定価:1,200円(税込)
好評増刷中!
「震災ヴァイオリンに託した思いを、子どもたちのために書いて欲しい」というお話をいただき、自分にできることは今までヴァイオリンを通して学んだことを子どもたちに伝えることだと思い、書かせていただきました。お読みいただけましたら、こんなにうれしいことはありません。 (中澤宗幸)
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK