COA主催・関係イベントのインフォメーション
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
寺下真理子リサイタル in サロン・デュオ

 寺下真理子リサイタル
  2012年3月10日(土)18:00開演
  コンサートホール「サロン・デュオ」
  
 (代々木駅より徒歩3分)



サロンならではの雰囲気、空間の中で、
若手ヴァイオリニストの熱い音楽を
お伝えします


プログラム
ベートーヴェン/
ヴァイオリンソナタ第3番 変ホ長調作品12-3
ブラームス/
ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調作品100 他



出演
ヴァイオリン/寺下真理子
和歌山市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科ヴァイオリン専攻、ブリュッセル王立音楽院修士課程卒業。93年、第1回五嶋みどりレクチャーコンサートに出演。96年、第50回全日本学生音楽コンクール中学生の部、大阪大会第2位受賞。
第8回および第10回、和歌山音楽コンクール第1位、市長賞、県知事賞受賞。97年、第2回宮崎国際音楽祭にて、故アイザック・スターン氏の公開レッスンを受講。
2002年、五嶋みどりデビュー20周年記念コンサートに出演。大阪NHKホールにて五嶋みどり、及川浩治の両氏と共演。また同年、東京国立科学博物館にてシリーズ「光のコンサート」に出演しソリストとして芸大有志オーケストラと共演。
2004年には第2回東京音楽コンクール弦楽器部門第2位(ヴァイオリン最高位)受賞し注目を集めた。同年、世田谷美術館、東京庭園美術館にてリサイタルを行う。また、六花亭「期待の若手シリーズ」、東京文化会館主催の「モーニングコンサート」「フレッシュ名曲コンサート」等様々なコンサートに出演。
ソリストとして、鈴木織衛、梅田俊明、牧村邦彦と、また東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等と共演。小澤征爾主宰のサイトウキネン室内楽勉強会、別府アルゲリッチ音楽祭に参加。また、カルテット、ピアノトリオなど、室内楽の分野にも精力的に取り組んでいる。08年には東京文化会館にてデビューリサイタルを開催し、好評を博す。これまでに、堀米ゆず子、岡山潔、大谷康子、漆原啓子、田井美千代の各氏に師事。今後の活躍に期待が集まる若手ヴァイオリニストの一人である。

オフィシャル・ブログ http://ameblo.jp/mariko-terashita/
オフィシャルサイト http://mariko-terashita.com/Mariko Terashita : Violin

ピアノ/和田 紘平
千葉県出身。3歳よりピアノを始める。東京藝術大学音楽学部卒業・同大学院修了。2008年〜2009年、ウィーン国立音楽演劇大学に交換留学生として留学。1993年、第2回ちば音楽コンクール最優秀賞受賞。2002年、東京文化会館新進音楽家オーディション室内楽部門合格・同デビューコンサートに出演。2003年、第4回かずさアカデミ
ア音楽コンクール入選。2005年、東京藝術大学卒業時に同声会新人賞を受賞。
これまでに藝大オーケストラ、ベルリン交響楽団と共演。国立音楽大学大学院博士後期課程を経て、現在は同大学大学院研究生として研鑽を積む一方で、ピアニスト、室内楽ピアニスト、音楽研究者として幅広く活動している。
これまでに、ピアノを重松正大、安井耕一、今井顕、花岡千春、故エドソン・エリアス、マーティン・ヒューズの各氏に師事、音楽学を藤本一子氏に師事。日本女子大学非常勤助手。

チケット
全席自由:2,500円

チケットお求め・お問い合わせ
 mariko.chambermusic.concert@gmail.com

協力:コンサートオフィスアルテ 03-3352-7310

09:00 コンサート in サロン・デュオ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
09:00 - - -
comment









trackback
http://coalte.jugem.jp/trackback/58
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
アルテ・ニュース
【Twitter はじめました】
コンサート&アーティスト&マスターコースなど、リアルタイムでも情報をお伝えします
@coa_info
フォローお待ちしています!
 



【書籍のご紹介】
 

いのちのヴァイオリン
〜森からの贈り物〜

中澤宗幸著 ポプラ社
定価:1,200円(税込)
好評増刷中!
「震災ヴァイオリンに託した思いを、子どもたちのために書いて欲しい」というお話をいただき、自分にできることは今までヴァイオリンを通して学んだことを子どもたちに伝えることだと思い、書かせていただきました。お読みいただけましたら、こんなにうれしいことはありません。 (中澤宗幸)
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
SPONSORED LINK